ひらまつ斎場 有限会社 平松
お供花・お灯明
湯灌の儀
アクセスマップ
お葬儀の流れ
もしもの時の流れ①
ご臨終
死亡は医師が判定することにより決定します。
ご臨終の宣告が医師よりされましたら、まず右記電話までご連絡ください。

死亡診断書、死体検案書
病院で亡くなった場合、かかりつけの医師がいて自然死あるいは病死が明らかな場合には、その医師が死亡診断書を発行してくれます。
 ただし、事故、災害、犯罪に関係した疑いのある場合や、突然の死亡でかかりつけの医師がいあない場合には、現場を保存して警察に連絡します。この場合、警察および監察員が検視をして死体検案書を発行してくれます。

宗教者の依頼
臨終の床あるいは遺体安置の直後に、本人あるいは家族の信仰に基づいて葬儀を執行してくれる宗教者を依頼します。
末期の水(まつごのみず)
死亡が判定されると、立ち会った人によって死者と別れる儀礼が行われることがあります。これを「末期の水」あるいは「死に水」とよびます。
 一般的には、
1)割り箸に脱脂綿を巻付け水を含ませて唇を潤す、
2)新しい筆に水を含ませて唇を潤す、
3)茶碗に樒の葉や脱脂綿を浸して唇を潤す、などの方法があります。
清 拭(せいしき)
病院などで亡くなった場合には看護婦によって遺体の消毒、整え(女性の場合には簡単な化粧も)が行われ
ます。これを「清拭」とよびます(一般的には治療費とは別に後から病院より請求されます)。
 このとき、きれいな浴衣などを用意しておいて着替えに用います。本人の意思を尊重して本人の好んだ服や
着物を着せたい場合には、後になると死後硬直が進み着せ替えにくくなるので、この段階で用意しておくとよいでしょう。
遺体の搬送
病院などで亡くなった場合には、この後、いったん霊安室に安置します。当社へ電話して頂き、遺体の搬送を依頼します。その場合、病理解剖の有無、宗教について予め連絡しておきます(準備の用具に関係します)。
遺体搬送の際にストレッチャー(担架)へ遺体を移動するときなどは家族も手を貸したいものです。
①故人名
②代表者名(続柄)
③お迎え場所
④搬送先場所(当斎場・ご自宅・その他)
⑤ご連絡電話番号(携帯)
お迎え場所にもよりますが、担当者が何分後の到着予定をお知らせいたします。
もしもの時の流れ②
葬儀準備
葬儀は短時間であわただしく行われるため、後から悔いのないようにするためには準備をしっかり行うことが大切です。
打ち合わせ
家族、本人と特に親しい人、依頼する宗教者、葬祭業者(当社)とよく打ち合わせを行います。本人の意思がどうであったか、家族がどういう葬儀をしてあげたいか、などをよく話し、葬儀の形式、規模、手順、日程などを相談します。予算や会葬者の数の予測なども予め明確にしましょう。連絡すべき人についても確認しておきます。
ある程度のご予算を元に当社がお見積をご提示いたします。ご確認、ご納得の上準備に入ります。
関係先への連絡
故人のための葬儀ですから、故人が予め連絡先を指定したものがあれば、それを第一に扱います。家族や親戚、故人の知人関係、家族が休む場合もあるので勤務先へも連絡します。
 取り急ぎの事態ですから電話やファックスを利用します。葬儀の日程・時間や場所、宗教・宗派(あるいは無宗教)、喪主名、供花を受け取るか、など予め紙に書いて用意して漏れがないように連絡します。
死亡届、火葬許可申請書
死亡届の用紙は死亡診断書(死体検案書)と一体となっています。医師より発行された診断書(検案書)の左側の欄に家族が必要事項を書き、区市町村の役所(居住地、本籍地、あるいは死亡地)に提出します(24時間受付)。一般的に届け出人は家族ですが、家族以外の人でも代理で出向くことは可能です。その場合には、届け出人の印鑑を持参します。依頼すれば葬祭業者が代理で出向いてくれます。死亡届が受理された後、火葬許可申請書を提出し、許可を得ます。この許可証は火葬の際に火葬場に提出し、火葬後にその証印を得ておきます。その後、遺骨を墓地や納骨堂に納めるときに必要になりますので大切に保管しておきます。
携帯電話用アクセスマップ
QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です
携帯電話バーコード読込みで一発登録できます
もしものときの連絡先
ご葬儀に関する事前ご相談、斎場見学も承っております。
※斎場見学はあらかじめご予約を行ってください。
ご案内 交通アクセス 施設ご案内 会社概要 お問合せ セキュリティポリシー
Copyright (C) 2006 Hiramatsu.co.ltd. All rights reserved
〒854-0094 長崎県諌早市本明町378番地4