ひらまつ斎場 有限会社 平松
お供花・お灯明
湯灌の儀
アクセスマップ
湯灌の儀
湯灌の儀(ゆかんのぎ)
当社では「湯灌」を行っています。現世でのけがれや苦しみの一切を浄化し汚れなき姿で来世の旅へ送り出したいとの思いはご遺族の皆様の願いであると思います。「湯灌」は、指一本一本の爪切りから全身、洗髪に至るまで洗い清めます。

最近は病院での「アルコール清拭」が一般的になってまいりましたが、人生の最後を迎える厳粛な葬儀において、「湯灌」はご遺族の皆様に大変喜ばれており、ご要望も増えつつあります。様々なものが省略される現在に於いて、当社では故人の尊厳を重んじ「最後まで本人らしく」をモットーにお手伝いさせて頂きたいと思っています。
ご挨拶
ご家族の方に儀式の説明をさせて頂き、湯灌の儀が始まります。
準備
湯灌に必要な浴槽の搬入などの準備をさせていただきます。
逆さ水の儀式
準備が整いましたら皆様にお集まり頂き「逆さ水」の儀式をさせて頂きます。

逆さ水とは、通常はお湯にお水を足してぬるま湯を作りますが、ご葬儀事では「逆さ事」と言い、お水にお湯をたしてぬるま湯を作ります。
この逆さ水を、現世での苦悩や煩悩を洗い清められますようにと願って故人様におかけする儀式です。

洗顔・洗髪
故人様のお爪をお切りさせていただいた後、洗顔・洗髪を致します。
男性は髭を剃り、女性はお顔の産毛剃りもさせていただきます。

洗体
左足から右足というように、逆さの作法に従って全身をシャワーで洗い清めます。ご希望により、ご一緒にお洗いして頂く事もできます。
処置
点滴の跡や傷で出血されている場合等は、包帯等で処置をさせていただきます。
着付け
お布団にお移した後で着物をお着せ致します。故人様にお着せしたい洋服、お着物をご用意して頂ければ、可能な限りお着せする事ができます。この時、女性はもちろんの事、男性の方もお化粧する事が出来ます。
片付け
湯灌の儀に使用した浴槽等の片付けをさせていただきます。
ご挨拶
儀式の最後にご家族の皆様にお集まり頂き儀式の終了とさせて頂きます。
湯灌の儀 良くある質問
「どこでおこなうのですか?」
基本的に畳2枚ほどのスペースがあればどこでも可能です。
「何か準備するものはありますか?」
全て当社で準備いたしております。特にご用意していただくものはありません。
「いつでも行ってもらえますか?」
当社は、24時間体制ですので、お客様のご都合に合わせてお伺いいたします。
「儀式が終わるまで立会いが必要ですか?」
立会いはお客様のご自由となっております。もし、お忙しい場合は、私どもの方でさせていただきます。
※その他ご不明な点がございましたら、お気軽に当社スタッフにご相談ください。
ご案内 交通アクセス 施設ご案内 会社概要 お問合せ セキュリティポリシー
Copyright (C) 2006 Hiramatsu.co.ltd. All rights reserved
〒854-0094 長崎県諌早市本明町378番地4